今日の練習

2018年度

11月18日(日)

曇り空で、雨の心配はありませんが、昨日よりは少し温度が下がっています。ただ、風が無いので選手にはいいコンディションです。

低学年は、体験入会の子2人を加え、ゲーム形式の練習となりました。ただ、同時に複数のボールを使い、3チームが入り乱れてのゲームは、短時間ですが、みっちりした運動となりました。

11月17日(土)

この時期にしては、動くとすぐ汗ばむ陽気です。

選手の参加も多く、練習最後の紅白戦は、スピード感のあるゲームとなりました。コーチから特に注意があったのは、パスを受けたボールの止め方です。ボールをその場にぴったり止めるのか、動かしながら受けるのかということです。これがゴール前の手数の差になり、シュートに移行できたり、ディフェンスに阻まれる差になります。

11月11日(日)

牧の原小での練習です。低学年は、ボールを引いて反対足で向きを変えるドリブルに取り組みました。

11月10日(土)

大森小での練習です。低学年は、大好きなゲームです。1年生と2年生が、3年生に対しても簡単に引き下がらなくなりました。

11月4日(日)

今日の低学年の練習は、松岡コーチの指導で、俊敏性を高めるためのプログラムを入れました。左右のコーンとコーン、マーカーとマーカーを素早く行き来きします。また、グリッド内でのドリブルなども行いました。

11月3日(土)

高学年は、イレブンJr.チーム主催の練習試合に呼んでいただきました。ほかに翼SC(我孫子)、光が丘FC(柏)の各チームを交え、我孫子市湖北台西小学校で対戦しました。初めて対戦するチームもいましたが、日頃の練習成果を計るには、いい機会でした。FCコスモスの選手は、それぞれ力を出してくれて個々のところの成長を示しました。

10月28日(日)

昨日に続き牧の原小での練習です。たっぷり時間をかけてドリブルの練習をした後、ゴールキーパー練習、パス練習などそれぞれに分かれて練習をしました。昨日は少数練習でしたが、本日は沢山のチームに分かれて紅白試合を楽しみました。

10月27日(土)

大森小での練習日ですが、大森小が登校日のため大森小以外の選手が午後から牧の原小で練習です。午前中は雨が残っていましたので、晴れ間の出た午後からでちょうどよかったです。参加は、普段の半分の選手ですが、その分しっかりとコーチの指導を受けました。

10月21日(日)

牧の原小学校での練習試合です。来訪した七次台FCさんとは、2年ぶりです。高学年・低学年に分かれてそれぞれゲームを楽しみました。いつもより1時間長い活動時間でしたが、少し暑さを感じるような秋晴れの晴天で、応援のご家族の方々と気持ちのいい日を過ごしました。秋に入り、高学年・低学年ともに対外試合が続いていましたので、急激にゲーム運びがよくなってきています。

10月20日(土)

大森小での練習です。低学年は、佐曽木コーチの指導で、徹底したドリブル練習です。ダブルタッチからの変化、足の裏で横に動きながら縦など繰り返しました。高学年も影山コーチの指導でパスなどを繰り返しました。

10月13日(土)

3年生以下が、大森小学校で、まどかFCとの練習試合です。スピードのあるまどかFCに、最初は戸惑っていましたが、だんだんに慣れていきました。指導者から、特別な指示はしませんので、自分で対処方法を考えなければなりません。また、気を抜いたプレーはすぐに失点につながります。最初は5人制で行いましたが、途中からピッチを変えて8人制で行いました。8人制も経験が少ないので、いい成果が上がりました。

10月7日(日)

2年英以下は、布佐南小で行われた布佐CUPフットサル大会(低学年の部)に出場しました。1試合目の翼SCには、苦戦しましたが、2試合目の船橋KSC、3試合目のつくし野SCとは接戦となりました。コスモスの2年生以下としては、はじめての公式戦でしたが、臆せず戦えたことはよかったと思います。想像以上の出来でした。

3年生以上は、牧の原小での練習です。運動会でサッカーゴールが移動したままなので簡易ゴールでの練習です。今回は、グリッド内での1対1の競り合いに重点を置いて行いました。

9月23日(日)

前日に引き続き、木下交流の杜公園運動場での練習です。ただ、本日は、低学年が埼玉県川口市の県立鳩ヶ谷高校での練習試合にバスで遠征のため高学年だけの練習です。練習は、足のインサイドを用いたパスやボレーでのキックを繰り返しました。後半は、紅白戦を2試合立て続けに行い、選手はへとへとになっていました。ですが、先週の高学年組の遠征の成果なのか、動きはかなり改善されていました。

9月16日(日)

いつもの練習会場の小学校が月末の運動会に向けて準備中のため、この間は、会場を求めてジプシー状態になります。とは言え、今日の会場の木下交流の杜公園運動場は、本年7月にオープンしたばかりの天然芝の多目的運動場です。転んでも柔らかい芝は、子供たちに人気のようです。来週も利用することとしています。

9月8日(土)

まだまだ残暑が続きますが、今日は風が少し強いので暑さをあまり感じない練習日です。選手は、夏休中の練習の成果なのか、動きがしっかりしています。再来週に予定している埼玉川口遠征が楽しみです。

また、年長さんの体験があり、途中からゲームに加わりましたが、ゴールに絡めていたのは評価できます。

9月1日(土)

大森小の練習です。夏休み最後の週末となります。低学年は練習のアップのため、マーカーの上にビブスを置いてならべるビンゴ競争で盛り上がりました。高学年は、4人一組で鳥かごに汗を流しました。

8月26日(日)

昨日に続き、牧の原小での練習ですが、4年生以下が、埼玉県鴻巣市に遠征し、鴻巣FCと練習試合のため不在で、また5/6年生も夏休み最後の家族旅行などで参加者も少ないため、急遽フットサルのコートでの練習に切り替えました。

ただ、その前の練習では、パスとパスを受けたときのボールタッチを重点的に練習しました。

8月25日(土)

大森小の校庭整備のため、午後から牧の原小での練習となりました。台風が残していった南方の温かい空気のせいで猛暑の1日です。夏休の終わりが近いせいか旅行などで欠席が多いのはやむを得ません。それでも参加した子供たちは、元気動き回りました。

 

8月22日(水)

5/6年生は、昨日から横芝光町の千葉ユナイテッドグランドで合宿です。この合宿には、県内のカネヅカFC(市川)、エクサスSC(市原)もいっしょです。先週一旦は和らいだ猛暑が復活し、選手には厳しいコンディションですが、芝のグランドで照り返しがなく、元気に動いていました。次々にメンバー・組合せを変えて練習試合を繰り返しました。

強豪チームと朝から晩までのゲームで、普段の練習では見えない急成長を感じさせる選手が目立ちました。また今回、お母さんたちが、視察にいらしのも選手の発奮にもつながっていると思います。

写真は、近くの木戸海岸ですが、今年は台風の余波で荒波が立っていました。

8月19日(日)

牧の原小学校での練習です。練習で使うのは、今月に入って初めてですが、昨日の大森小以上に雑草が広がっていました。ジャングルとまではいきませんが、ドリブルなどに差し支えるので、練習の前後に全員で草むしりをしました。大変ですが、自分たちが使用するグランドですので、できる限りのことはしたいと思います。

8月18日(土)

お盆休みを経て久しぶりの練習日です。これまでの暑さが嘘のようなサラッとした天気です。グランドには雑草が広がっていて、草取りも全員で行いました。

練習では、アウトサイドのドリブルを繰り返しましたが、足を固定して足首の関節だけでくるりと回せない子が意外に多く、関節そのものを動かすところから始めました。

8月6日(月)

低学年対象の強化練習です。今年初めての体育館練習です。台風の影響か、湿気を含んだ蒸し暑さがありますが、続いいていた猛暑が一段落です。参加者はいつもより少ない人数ですが、練習は昨日の佐藤大さんサッカークリニックでのメニューをしっかり復習しました。パス回しなどは、条件的には、体育館の方が合っています。なお、この日は、エビハラコーチが久しぶりに参加しました。

8月5日(日)

松山下競技場で開催された印西市サッカーフェスタ2018の佐藤大さんのサッカークリニックにみんなで参加しました。同クリニックは、公募で参加した他チームなどのサッカー少年と一緒に楽しみました。手つなぎ鬼ごっこに始まり、4人一組のグリッドでの陣取り、鳥かご、鳥かごを応用したコーンへの球当てなど短時間ながら充実したひと時でした。練習の狙いなど説明しながらの進め方などは指導者としても参考になりました。

8月2日(木)

大森小での強化練習です。昨日の低学年に続き、今日は、高学年です。昨日も暑い日でしたが、今日はそれをさらに上回るとか。従って、練習メニューもかなり軽めで、練習開始のランニングも超スローペースです。動きの少ないシュート練習を中心にするとともに、木陰での休憩時間を多くしました。簡単なゲームの後はPK戦対決で、10時半にはあがりました。

7月29日(日)

前日は、台風の影響で練習試合等が中止となりました。この日は、台風一過の日差しの強い一日です。午前中の練習はキャンセルし、午後久しぶりの小林小での練習となりました。いつもより少なめの参加者ですがやむを得ません。低学年は、合宿で成果を上げた子が多く、この日のプレーに現れていました。

途中から全体でのゲームを行いましたが、高学年の方が低学のゲーム運びにつられているのはちょっと残念です。

7月26日(木)

昨日に引き続き、夏休み強化練習を大森小で行いました。命にかかわると報道もなされていた熱波も一段落で、通常の夏の暑さです。3~4年生は、今日までの予定で夏合宿です。残る5~6年生で強化練習に取り組みました。今回は、日頃の練習メニューとは異なり、色んなバリエーションのシュート中心に行いました。来週は、低学年対象の強化練習も行う予定です。 

7月22日(日)

レクサス松戸チームと練習試合を行いました。6年生以下、3年生以下に分かれてそれぞれ腕試しをしました。昨日に続き猛暑の中で動き回りましたが、全体的に高学年の方が体が重く、低学年の方が軽快でした。ともかく、熱中症には誰もならず、最後までプレーできたのはよかったと思います。

夏休み中、しっかりとした練習を続けたいと思います。

7月21日(土)

猛暑です。校庭の日陰を利用してドリブルの練習です。暑いのはもちろんですが、ダラダラやる選手とキビキビ取り組む選手に分かれます。休憩をしっかりとってキビキビやる選手がどうみてもうまくなっているようです。

今日から夏休みですが、猛暑をうまくやり過ごすことも大事です。

7月15日(日)

今日も朝から暑い一日です。3連休の中日で、低学年の欠席が目立ちましたが、家庭内の行事が多いようです。

練習では、二入向かい合わせのパス、浮き球の処理などいつもとは違う練習になりました。後のゲームでは、3年生が高学年のチームに入ってプレーしましたが、思った以上にゲームに絡んでいました。

7月14日(土)

3連休の初日です。地域のお祭りへの参加などもあって参加者は、若干少ないように見えます。暑さも半端ない気温です。水分をしっかりとりながら子供たちは動き回りました。出だしは、4人一組で、1人が鬼となり、コーンを安全ベースに捕まらないよう動き回ります。ゲームでも暑さで脱落する子はいませんでした。

7月8日(日)

日本列島各地では、豪雨の災害報道がなされていますが、この地域は、この週末カンカン照りです。

今回は、希望者に対し、松岡コーチによるゴールキーパー指導です。手を使ってよいのがゴールキーパーですが、以外にもいざというとき手が出ないものです。落ち着いてボール処理ができるようになってもらいたい!

7月7日(土)

しばらく雨が続いておりました。雨雲が去ったわけではありませんが、子供たちにとっても久々の外での活動だと思います。欠席者の少ない練習日です。

練習では、小さなグリッドの中で、2対2のミニマッチです。オフェンスが負けると腕立て伏せの罰ゲームが待っていました。また選手2人が加入し、活気が見られました。

7月1日(日)

昨日にも増して厳しい暑さです。この日は、3年生に絞った練習をするとともに、後半の紅白戦では、高学年のチームに3年生を入れてゲームを行いました。ピッチの広さと高学年のスピードに戸惑いもありましたが、結構ボールに絡むたくましさも見せました。1~2年生は、上の学年がいなくなり、自分なりのゲームができました。

6月30日(土)

史上最速の梅雨明けの後、最初の練習日です。強い日差しですが、南風が強く、耐えられない暑さではありません。3~4年の合宿の申し込み期限ということで父母の皆様から連絡がありました。

一方、5~6年生の合宿が正式に決まり、案内の説明用紙が子供たちに配られました。明日からは、7月で夏休みも近いのですね。

6月24日(日)

牧の原小での練習です。昨夜来の雨が9時ごろにはあがるという予報を信じて、開始時間を1時間遅らせました。ですが、雨はなかなか止まず、結局11時過ぎまで断続的に降り続きました。ただ、試合は、雨のときもありますので、こういう経験もたまには必要でしょう。みんなが休んでいるときにしっかり練習です。

6月10日(日)

南方の台風と梅雨前線の影響で、予報はかんばしいものがなく、大粒の水滴が落ちてきたら打ち切りと覚悟を決めて臨んだ練習試合です。しかし、時折ぽつりぽつりと来たものの中断するほどでもなく、昼までにやり切りました。対戦していただいたイレブンJr.と新木やまと両チームには、感謝です。

コスモスで、今回大きな成長を感じたのは、キッペイとリュウトです。

低学年では、1年生、2年生が元気です。これまで3年生の動きにについていけてませんでしたが、果敢にボールを奪ってシュートまで持ち込んでいました。

6月9日(土)

昨夜の雨が早めにあがって晴天ですが、湿度も高くもわっとした暑さです。グランドでは、ピッチを広く使って二人のパスです。一か所にとどまるのでなく動き回りますので、すぐに汗びっしょりです。

6月3日(日)

牧の原小で我孫子のFCアミスターさんとの練習試合です。3年生以下の8人制です。コスモスの3年生としては、初めての広いピッチでの試合です。ですので、広さを生かし切れないまま終わった感じです。しかし、これも経験です。試合には、途中1、2年生も投入しましたが、思ったより動けていたのは収穫です。

5月27日(日)

牧の原小での練習です。影山コーチからゲームの進め方に指摘がありました。ボールをキープしている選手のところに全体的に集中しがちであること、相手選手が一人なのに、3人も4人も詰めているのは無用で、その分相手もフリーな選手が増えることになること、近すぎてはパスできないので、適当な距離感が必要であることなどの注意です。それでも選手には、徐々に考えたプレーが見えているとの評価もありました。

5月20日(日)

NPO法人COSMOSサポートクラブ主催の田植体験会に全員参加です。青空の下で、一般公募で来た人たちに混じって田植を実施しました。今回で3回目ですが、毎回参加の高学年は、慣れた手つきで苗を植えていきました。

帰りには、できたばかりのあったかいポップコーンをお土産にいただきました。

5月19日(土)

大森小での練習です。午前中雨の予報もあったせいか欠席者の多い日でした。しかし、お天気はどんどん回復し、帰る頃には青空が広がっていました。出だしのドリブル練習は、足を立ててまっすぐ進んだ後にダブルタッチなどの変化を入れました。低学年は、こうした練習がゲームの中にも出てきています。

5月13日(日)

牧の原小での練習です。午後から雨脚が強いとの予報でしたが、練習中からポツポツきました。

最初に行ったフリードリブルは、全員とはいえ、狭いグリッドの中なのでしっかりしたボールコントロールが求められます。後半のゲームでは、簡単に点が取れませんでしたが、お互いの技量の向上があるとの評価でした。低学年は、今井コーチから、相手ボールをカットするため、体を密着させ積極的に足を出すことが求められました。

5月12日(土)

大森小での練習です。欠席が少なく、久しぶりに暑いくらいの好天気でした。早めに高学年、低学年分かれての練習ですが、低学年は佐曽木コーチの指導で、コーンを利用した練習です。コーンの前でボールを足の裏で横回転させる必要がありますが、理解の早い子はドンドン上達しています。

5月6日(日)

久しぶりの小林小での練習です。ゴールデンウイークの最終日とあって、家族旅行などで欠席の子も多かったのですが、初夏を感じさせる好天気でサッカーを楽しむにはとてもいいコンデションです。新加入の選手も徐々になじんできています。

他方で、学校の要請により、校庭の草取りに汗を流しました。とても全部は対処しきれません。

4月29日(日)

牧の原小学校での練習は、ドリブルに時間をかけました。1年生、2年生が落ち着いて取り組んでいました。この日は、風が強めでドリブルしにくいのですが、試合ではこういう日もあります。

4月28日(土)

いよいよゴールデンウイークです。家族旅行などで練習参加者はいつもより少なめですが、夏を感じさせるような暑さの中で、練習が本格化してきました。ボールを受けた後で、いままでよりも落ち着いて、周りも少し見えるようになってきています。

若葉が芽生えているのですが、雑草もどんどんはびこってきていますので、クワなども持ち込んで草取りに努めました。

4月22日(日)

牧の原小での練習です。練習に並行して隣の地域交流館で保護者会を開催しました。新加入のコーチの紹介と今年度の指導方針、行事予定など主催者側から説明し、保護者の皆様から活発な質疑がありました。FCコスモスをさらに活性化させていくために、この1年間、ぜひ皆様のご協力とご指導をお願いいたします。

練習の方は、コーチ陣が全員揃い、また子供たちも新加入や体験の子がいて、賑やかな風景でした。

4月21日(土)

大森小での練習です。今日が学校の授業参観に当たっている子も少なくなく、参加者が少ないのはやむを得ません。今日から緒方コーチに代わる新しいコーチの佐曽木さんが指導に加わりました。

早速、ドリブルなど前任者と変わらない指導をしていただきました。個人個人の選手の能力は、1日ではまだ把握できませんが、指導の効果は間もなく現れるものと思います。

4月8日(日)

新しい年度の練習がスタートしました。新キャプテンが6年生の互選でタカ君に決まりました。慣例で、キャプテンが背番号10番を背負うことになっています。リーダーシップを発揮してもらうことを期待します。

スタッフもお父さんコーチと大学生がそれぞれ1人加わります。退任したオガタコーチに代わり、ご指導をお願いいたします。

2017年度

3月25日(日)

練習後は、6年生の卒業セレモニーです。松岡コーチから記念のメダルを首にかけてもらった後から、それぞれ後輩たち前でスピーチをしました。卒業生たちは、それぞれに次のステージに進みますが、習得した技術をさらに進化させてほしいと思います。