今日の練習

2019年度の活動

6月23日(日)

低学年は、柏のエシタードとの合同練習を行いました。初めての相手ですが、スピードにのったキックフェイントや力強いシュートがあり、これまでの練習試合の相手とも一味違うプレースタイルでした。コスモスの選手には、これもいい経験です。高学年は、通常練習です。昨日の経験を明らかに生かしている選手は頼もしく思えましたが、自チームでは積極的なのに、昨日はプレッシャーがかかる対外試合でどうして消極的だったのだろうかという反省もあります。

6月22日(土)

高学年が、柏のカナフィールドでFCカナリーニョと練習試合を行いました。人工芝の素晴らしいピッチです。ただ、相手は強豪ですので、なかなか思うようなプレーをさせてもらえませんが、選手はいい経験を積んだと思います。低学年は、午後から大森小で練習を行いましたが、途中から天気が急変したため打ち切りとなりました。

6月16日(日)

低学年は、本当は、三郷に遠征する予定でしたが、前日の雨が激しく、河川敷のグランド状況が不良という判断があり、中止となりました。事実昨晩は、夜半に激しい雷雨で寝付けない状況でした。ただ、こちらのグランドは、あちこちに水たまりがありましたが、練習には支障がありませんでした。ただ、風が強く、高く上がったボールが流されて子供たちには、判断が難しいコンディションでした。

 

6月8日(土)

大森小での練習です。高学年のゲーム形式の練習は、お互い同士の連携に進歩があり、楽しく見ていられました。

6月2日(日)

2年生は、木刈小学校で、NTFS-2年生大会に出場しました。ケガなどで出場選手の確保がピンチでしたが、1年生の参加がありました。対戦は、まどかJFC、鎌ヶ谷少年との対戦でしたが、どちらも臆することなくプレーできたので収穫でした。たった2試合でしたが、選手の試合の中での気づきや技術の習得などは、日頃の練習試合よりも濃いと感じました。

6月1日(土)

大森小、木下小とも授業参観のため、午後から木下交流の杜公園運動場での練習になりました。高学年は、影山コーチの檄で途中から気合が入った頑張りを見せました。

低学年は、3人の体験があったので、けっこう活気のある練習となりました。

5月26日(日)

昨日よりもさらに一段高い気温です。こまめに水分を取ることを心がけました。いつもの影山コーチがご都合のため、土曜日が専門の佐曽木コーチが来て高学年を指導してくれました。

5月25日(土)

5月とは思えない暑さです。それでも練習開始は、しっかりグランドを周回しながらコンディションを整えます。

5月19日(日)

恒例の田植体験会にチームで取り組みました。慣れている子は、ドンドン苗を差し込んでいきますが、1,2年生は初めての経験で、泥の中の足が抜けず、ワーワー、キャーキャーと大騒ぎです。途中から泥の投げ合いを始める子もいて、濡れた服装を着替えるのも大変です。

農業生産法人のおじさんたちが畔にストーブを持ち込んでご飯を炊き、田から上がった子供たちにふるまってくれました。ごちそうさま。

5月18日(土)

大森小での練習です。じんわりと汗をかくような蒸し暑さを感じさせる気温です。高学年の練習では、4年生が上の学年のスピードに慣れてきて活躍が目立ちます。

5月11日(土)

ゴールディンウイークが終わって、選手たちもそろってきました。今日は、先週に続き低学年が練習試合です。相手は、なじみのカネヅカFCさんです。選手たちには、特別な指示を出さず、それぞれの感性でプレーしてもらいました。その中から自分の得意技をつかんでほしいと思います。

5月5日(日)

子供の日とあって、低学年は、半分が家族旅行などでお休みです。しかし、イレブンJr.との合同練習は、参加した選手が少ない中で頑張りました。また、体験で来ていた子も急遽出場しましたが、プレーを楽しめたようです。

5日月4日(土)

暖かい日差しの下で、今年度初めての木下交流の杜公園運動場での練習です。それぞれに思い切ったプレーがでていたのはよかったと思います。ただ、時折りどういう意図なのかわからないキックがあり、影山コーチからは、考えてプレーすること、広くスペースを使うよう指示がありました。

4月28日(日)

晴天ですが、冬季のような寒さです。低学年には、新加入の選手を加え、お父さんコーチ2人にも参加していただいてにぎやかな練習でした。ステップオーバーやシザースなどの基本練習で動きを確認していきました。

4月27日(土)

今日から長期ゴールデンウイーク突入です。朝まで強い雨だったため、ピッチが完全に乾ききっておらず、比較的地面のしっかりしている半コートで練習を行いました。低学年も校舎側に移動しました。ただ、練習の終了直後から再び降り始めましたのでいいタイミングの練習でした。

4月21日(日)

ここの牧の原小の体育館では、統一地方選挙印西市市議会議員選挙の開票所になるということですが、それは今晩のことで練習には差し支えありませんでした。

新緑の季節を迎え、清々しい練習日和です。体験には、年長のお子さんも参加しましたが、何よりも楽しくサッカーができることが大事です。

4月20日(土)

今週は、校庭などを利用している関係各校の学校開放連絡会議が相次いで開催されました。今日は、木下小での会議が8時半から開催され、教頭先生からの説明と利用団体同士の意見交換などがありました。練習の方は、大森小で行われ、体験などの子も参加しました。

4月14日(日)

昨日は、授業参観のためお休みでしたが、今日は、牧の原小学校での練習です新年度ですので、高学年も、低学年も左右の動きやバックステップなど運動能力の向上を図るための練習が組み入れられています。

4月7日(日)

低学年は、早速FCカネヅカとの合同練習です。体験に来た子もそのまま参加し、時間延長の12時までしっかり動き回りました。ゲーム運びは、まだ教えていませんので、ごちゃごちゃになりますが、大事なのは、何回もボールに触れることです。

4月6日(土)

新しい年度のスタートです。選手たちは学年を一つ上げ、チョット成長したようにも見えます。入会体験希望者も見え、活気があふれています。練習囚虜後には、ユニフォームの番号交換やら新キャプテン選出を行いました。キャプテン・副キャプテンの役割は、は、6年生の話し合いによりタカヤとキッペイが務めることになりました。とにかくこの1年しっかりやりましょう!!

2018年度の活動

3月24日(日)

FCコスモスの本年度の練習は、今日が最後です。始まりは、選手全員でのボールリフティングコンクールが行われました。低学年、中学年、高学年に分かれての競争です。各カテゴリー3位までは、表彰されました。

最後は卒業する6年生が、後輩の前で一人ずつ挨拶のスピーチをして、影山コーチから記念メダルが首にかけられました。中学でもぜひそれぞれの分野で頑張っていただきたいと思います。